マイページ お問い合わせ

お知らせ一覧NEWS

2019.05.24.Fri

波力発電の仕組み

波力発電とは、海の波を利用して電力を得る発電方法です。
波力発電の方法には、振動水柱型、可動物体型、越波型、ジャイロ式の4つがあります。
振動水柱型波力発電は、発電装置の中にある空気室と呼ばれる箇所に海水が流れ込み、
海面の上下運動によって空気が押し出されます。押し出された空気が風となり、タービンが回転し発電されます。
可動物体型波力発電は、タービンを用いずに波エネルギーを振り子の運動エネルギーに変換し、油圧モーターを回転させて発電します。
越波型波力発電は、貯留池の水面と海面の高低差を利用してタービンを回転させ発電します。
ジャイロ式波力発電は、高速で回転させた円盤を大きな浮きの上に置きます。
すると波に揺られて傾きますが、このとき「ジャイロ効果」によって、円盤をまっすぐに保とうとする回転運動が生まれます。
波で揺らすだけで発電機を回せるため、高い効率が実現できるのです。

あまり聞きなじみのない波力発電ですが、実は1970年代ごろから注目されるようになりました。
そのきっかけはオイルショックです。
世界的に石油を含めた化石燃料への危機感が高まり、代替エネルギーに注目が集まりました。
その際に、太陽光発電や風力発電と同様に波力発電も注目を浴び、研究開発が進められるようになりました。

世界で初めて波力発電を実用化させたのは、なんと日本人、益田善雄氏(1925-2009)という方です。
益田氏が1964年に航路標識ブイの電源として初めて発電に成功し、
この装置を搭載した益田式航路標識ブイが翌年海上保安庁に採用されて、
これが世界で初めて実用化された波力発電装置となったそうです。

2019.05.23.Thu

風力発電の仕組み

風の強い地方では、昔から粉を挽いたり水を汲み上げたりするのに、風車が使われました。
初めて風力発電のベースとなる風車ができたのは、10世紀ごろのイスラム圏からだったようです。
そこから西に遠征にする旅人や十字軍により、ヨーロッパやアジアに伝えられたと言われています。

風力発電は、風車が風をうけて回転することで発電機を回転させて電気が作られます。
自然がつくり出す風の運動エネルギーをそのまま利用するので燃料が必要なく、温室効果ガスや有害物質が出ません。
さらに、風力発電は電力への変換効率が高く、風によるエネルギーの約40%を電力に変換できるそうです。

しかし、風力発電は風が吹いている時しか発電ができないので、発電量が一定ではないというデメリットがあります。
風が弱すぎると発電量は低下してしまいますし、逆に、風が強すぎるときは安全確保のために、風車の回転(発電)を停止することもあるそうです。
また、陸地に作る場合は特に風車が回る際に出る低周波や機械音が騒音問題となることもあります。

日本は世界で6番目の広さを誇る海を有しています。
「洋上風力発電」は、その広さを利用して風力発電施設を筏で浮かべていかりで固定したり、
風車の基礎を海底に固定し、そこで発電が行われます。
建設にはまだまだ課題もあるようですが、
洋上風力発電は、陸地に比べると風の乱れが少なく強い風が安定的に得られると期待できます。

2019.05.22.Wed

バイオマス発電の仕組み

バイオマスとは、「バイオ(生物)」と「マス(量)」を組み合わでできた言葉で、
動植物などから生まれた生物資源の総称です。
バイオマス資源には、間伐材・おがくずなどの「林業廃棄物」、
もみ殻やサトウキビの搾りカスなどの「農業残渣」、
牛・豚・ニワトリの糞などの「畜産廃棄物」、
解体業者や土木業者から出る「建築廃材」、
食品加工廃棄物や水産加工残渣、
下水汚泥、生ごみや使用済みの油など「生活廃棄物」等々さまざまな種類があります。
バイオマス発電では、これらの生物資源を「直接燃焼」したり、
微生物を使ってメタンなどに「ガス化」するなどして発電します。

未活用だった廃棄物を燃料とするバイオマス発電は、廃棄物の再利用やゴミ減少につながります。
また、家畜排泄物、稲ワラ、林地残材など、国内の農産漁村に存在するバイオマス資源を活用することにより、
農産漁村の自然循環の保全にもなります。
家畜排泄物や生ゴミなど、捨てていたものを資源として活用することで、
地域環境の改善にもつながると考えられます。

2019.05.21.Tue

地熱発電の仕組み

地球の地下には高熱のマグマがあり、マントルなどの対流などによって、その熱が地表に伝えられます。
その熱が再生可能な地球内部のエネルギー、地熱です。

地熱発電は、地中深くにあるマグマによって熱せられた地下水の水蒸気と熱水を、
何千メートルにもなる蒸気井で取り込み、その蒸気でタービンを回して発電します。

世界初の地熱発電は1900年代初めにイタリアで作られたそうです。
日本では1966年、岩手県に最初の本格的な地熱発電所が作られました。

日本は世界有数の火山国で、日本の地熱資源量はなんと世界第3位。
環太平洋火山帯という火山の集積地帯に位置していることもあり、日本は世界有数の地熱資源国なのです。
しかし一方で日本の地熱発電は、2017年の電源構成全体の0.2%にとどまっています。

地熱発電は、
・天候に左右される太陽光発電や風力発電や、水不足になることもある水力発電に比べ、安定的に発電できる。
・CO2排出量がほぼゼロ。
・他の再エネに比べ発電コストが低い。
・電力価格が燃料市場に左右されない。
などのメリットがあります。

その一方で、探索・開発に時間がかかり開発コストが高く、
また、利用に適した地域の約8割が国立公園内にあり開発が規制されていたり、
温泉街に近いために建設しにくいという理由などで、
日本の電源構成の地熱発電の占める割合は低いのが現状のようです。

2019.05.20.Mon

水力発電の仕組み

水力エネルギーの利用は歴史が古く3000年以上の歴史があるといわれています。
もともとは水車の回転エネルギーをそのまま動力として利用する方法でした。
世界で初めて水力を発電に利用するようになったのは、今から約140年前の1878年頃(明治11年頃)、
フランスのパリ郊外のセルメーズ製糖工場と言われています。
発電の仕組み自体はこの当時と大きく変わっていないそうです。
水の持つ位置エネルギーを利用して水車を回転させて、回転エネルギーに変換します。
さらに、水車と連結させた発電機を回転させて電気エネルギーに変換するという仕組みになっています。

日本では、1882年頃に九州島津藩庭園で、初めて水車を使った発電が試みられたと伝えられています。

2019.05.15.Wed

再生可能エネルギーとは

再生可能エネルギーとは、
エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律(エネルギー供給構造高度化法)においては、
「再生可能エネルギー源」について、「太陽光、風力その他非化石エネルギー源のうち、エネルギー源として永続的に利用することができると認められるものとして政令で定めるもの」
と定義されております。

温室効果ガスを排出せず、国内で生産できることから、
エネルギー安全保障にも寄与できる有望かつ多様で、重要な低炭素の国産エネルギー源です。
再生可能エネルギーによる発電方法として太陽光・風力・地熱・中小水力・バイオマスなどがあります。

次回からいろいろな発電方法の仕組みについてご紹介していきたいと思います。

2019.05.10.Fri

今後の電気エネルギー

経済産業省資源エネルギー庁のHP記事によると、
『現状、太陽光発電や風力発電などの再エネ(再生可能エネルギー)は、「主力電源」(電力をつくる方法)となるには、まだまだ課題を抱えていますが、
今後のエネルギー情勢を考えれば、再エネを大量導入し「主力電源」化していくことは不可欠です。』とあります。

2030年度におけるエネルギーの割合を示した「エネルギーミックス」では、再エネの導入水準を22~24%としています。

現在、日本で導入されている再エネは、太陽光発電にかたよっており、バランスのとれた再エネの導入を進めていく必要があります。
しかし、それぞれの発電方法にはコスト面や季節や天候に左右されるといった様々な課題も多いのも現実です。

今後再エネを主力電源とし、その大量導入を持続可能なものとしていくためには、
①コスト競争力の強化
②長期安定的な発電を支える事業環境の整備
③系統制約の克服
④調整力の確保
といった課題にそれぞれに対応していく必要があります。

石油や石炭などの化石資源をもたない日本において、自然環境を活かした再エネは、
今後も社会を維持し発展させていくために、とても重要な意味を持っています。

2019.05.09.Thu

世界と日本の発電方法

2015年のIEA(国際エネルギー機関)の調査によると、
世界全体における電力のエネルギーは、石炭が39.2%、石油が4.1%、天然ガスが22.8%、
原子力が10.6%、水力が16.3%、地熱が0.3%、太陽光が1.0%、太陽熱が0%、風力が3.4%、
潮力が0%、バイオマスが1.8%、廃棄物が0.4%、その他が0.1%。

世界全体の傾向としては、パリ条約の締結により化石燃料である石炭を減らす動きがありますが、
日本は原子力発電が2009年の東日本大震災以降、急激に減少し、天然ガスや石炭などの火力発電量が増加しています。

原子力発電に関しては、日本の東日本大震災での被害以降は、ドイツやベルギー、スイスが期限付きで原子力発電廃止、
スペインやフランスも原子力発電を減少させるという考えになってきました。
そして、注目されているのが再生可能エネルギーです。
経済大国となった中国やインドは、石炭の火力発電による大気汚染問題があるので、
石炭を減らし太陽光発電と風力発電を広げていく計画があるようです。

日本の発電の主要電源は、1965年頃までは水力、1973年の第一次オイルショックまでは石油、
そしてその後は石油に変わって石炭とLNG、そして原子力が担っていました。
2016年時点で、割合が最も大きなものがLNGで42.2%、その他、石炭と石油を合わせた火力発電で、
実に83.8%を占めています。
日本の歴史の長い水力発電は一般水力と揚水発電を合わせて7.6%。
一方、期待されている再生可能エネルギーは6.9%でした。

その後、これからどのように変化していくのでしょうか。

2019.04.26.Fri

電線に止まっている鳥は感電しないの❓

電柱の電線は、銅の導体の周りを絶縁物で被覆している電線(絶縁電線)です。
絶縁電線だから感電しないと思いがちですが、
鉄塔の高圧送電線のような絶縁被覆されていない導体むきだしの電線でも、
1本の電線に止まっている鳥は感電しません。

電気は電圧の高い方から低い方へ流れる性質があります。
1本の電線上の鳥が触れた右足と左足の地点では、
電圧の高さに違いがほとんどありません。
そのため、電気は鳥の足に伝わることなく、電線上のもっと電圧の低い方へ向かって流れていきます。

電気には、よりの流れやすいところを通るという性質もあります。
電線と鳥の体では、電線の方が電気が通りやすいため、鳥の体には電気が流れないのです。

ただし、鳥が羽を広げて別の電線に触れてしまったり、2本の電線にまたいで止まってしまった場合は、
触れた二つの地点に電圧の差ができてしまうため、
電気は鳥の体を通って電圧の高い方から低い方へ流れていき、感電してしまいます。

電線にからまった物を枝などを使って取ろうとしてしまうと、
電線と地面との間に電圧の差があるため、
電気は枝から人間の体を通り地面へと流れるので、感電してしまいます。
大変危険ですので、電線に引っかかった物を見つけても決して自分で取ろうとなさらないで、
お近くの一般送配電事業者にご連絡なさるようお願い致します。

2019.04.23.Tue

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

誠に勝手ながら、4月27日~5月6日は休業とさせていただきます。
ご不便をおかけして申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。

お問い合わせ先: 0265-48-6476 営業時間: 9:30~17:30 定休日: 土日祝日(年末年始、お盆)