マイページ お問い合わせ

お知らせ一覧NEWS

2019.07.18.Thu

雷の時、パソコンなどは大丈夫❓

雷の時、「カチッ」という音がして一瞬電気が消えてびっくりすることがありますよね。

落雷時、電線などの高所にあるものに瞬間的に発生する有害な過電圧や過電流のことを『雷サージ』と言います。

雷サージが起こると異常な過大電流が、電線や電話線を伝って家の中に入り込みます。
すると電線や電話線、テレビアンテナ線などの外部と繋がっているケーブルを通してパソコンや家電機器、通信機器に過剰な電流が流れ込んでしまいます。
その結果パソコンや家電機器などが故障してしまったり、機器内部が損傷してしまう恐れがあります。

電子機器の故障をさける対策をとりましょう。
特に、半導体を多く使った電子機器は電流の変化に弱いため、一般の家電製品は無事でもパソコンやモデム、ターミナルアダプターなどの電子機器は故障してしまうことがあります。
雷サージからのパソコンや家電機器を守るために雷サージ保護付きのタップというものがあります。
また雷サージ保護機能に加え、落雷による停電が起こった場合に、しばらくの間、パソコンや家電機器に電気を供給することができる無停電電源装置(UPS)と言うものもあるようです。

2019.07.12.Fri

28℃以下でも熱中症にご注意を。

昨年の2018年は、各地で40度越えを記録する猛暑でした。
気象庁の歴代全国ランキングの最高気温のデータでも、1位は昨年の7月23日の熊谷で41.1℃でした。
続く2位と3位も昨年のものでした。

今年の夏はどんな夏になるのでしょう。
気象庁が毎週木曜日に出している1か月予報によると、
7月中旬は低めの所が多いものの、7月下旬は各地とも平年並み、8月に入ると平年並みか高めで、だんだんと暑い日が増えていきそうです。
梅雨寒から急に夏本番の暑さになりそうですので、体調管理にご注意ください。

気温が24~28℃でも熱中症になる可能性があるそうです。
28℃を超えると更に熱中症のリスクが高くなります。
また、乳幼児や高齢者、運動に慣れていない運動部の一年生、肥満の人、寝不足や疲れなどで体調が悪い人などは、熱中症を起こしやすいので、特に気をつけましょう。

2019.07.10.Wed

地球温暖化が及ぼす影響

気象庁のホームページの地球温暖化予測情報によると、21世紀末には20世紀末と比較して年平均気温は、全国平均で4.5℃上昇するそうです。
最高気温は全国平均で4.3℃上昇、最低気温は4.6℃も上昇すると予測されているようです。
そうなるとどんな影響があるのでしょうか?

・氷河が溶けたり、海水の温度が上がることによって海水の体積が増え(熱膨張)、海面が上昇し陸地の一部が海に沈みます。
・降雨パターンが大きく変わり、内陸部では乾燥化が進み、熱帯地域では台風、ハリケーン、サイクロンといった熱帯性の低気圧が猛威を振るい、洪水や高潮などの被害が多くなるなど、異常気象の増加が考えられます。
 日本でも大雨(日降水量100mm 及び200mm 以上)や短時間強雨(1 時間降水量30mm 及び50mm 以上)の発生回数も増えると予測されています。
・気候の変化に加えて、病害虫の増加で穀物生産が大幅に減少し、世界的に深刻な食糧難を招く恐れがあります。
・動植物は気候の変動に対応できず、現在絶滅の危機にさらされている生物は、ますます追い詰められ、さらに絶滅に近づきます。
・気温の上昇により、熱中症になる人が増えるほか、マラリアなど熱帯性の伝染病の発生範囲が広がることが危惧されます。

2019.07.09.Tue

地球温暖化対策と電力化率

電力化率が高くなることは、地球温暖化対策になると考えられています。
地球温暖化とは、人間活動の拡大により二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素などの温室効果ガスの大気中の濃度が増加し、地表面の温度が上昇することをいいます。

電気の利用が温暖化対策として期待される理由は、供給側において、原子力・再エネ・高効率火力発電等の低炭素技術があるからです。
二酸化炭素を大規模に削減しようとすると、電力の低炭素化と、電力化率の向上がその主要な手段となると考えられているそうです。
電力化率が高くなるほど、二酸化炭素濃度が低くなることは、世界の研究者間でほぼ共通した認識だそうです。

また、地球温暖化対策にはエネルギーそのものを使い過ぎないよう低炭素住宅や建築物の選択、省エネルギー機器への買換え、次世代自動車の活用、エコドライブの推進、公共交通機関や自転車の利用促進、カーボン・オフセットの実施、電力の排出原単位の小さい電気の選択等により、低炭素ライフスタイルへの転換を進めるとともに、二酸化炭素の吸収効果のある森林づくりや緑化運動に参加したりと様々な取り組みが挙げられます。

2019.07.08.Mon

電力化率って何❓

電力化率とは、石炭・石油・天然ガス・水力・原子力などの1次エネルギー需要に占める、発電に要したエネルギーの割合のこと。
エネルギー需要の電力シフト傾向を示す指標です。
(ただし、発電の際に相当量の発電ロスが生じるため,最終需要段階での電力利用割合を示すものではなく,1次エネルギー需要のうちの電力向けエネルギー投入の割合を示すものである。)
生活水準の向上によって、快適な生活が求められ、冷暖房をはじめとして生活における電気の役割はますます大きくなっています。
またコンピュータや通信など IT革新による高度情報化社会の進展により、産業、生活のあらゆる側面で、電気の役割は増しています。
世界全体でもそうですが、日本においても電力化率は高まり、1970年では26%だったのが現在では40%以上となっています。(2016年度では45%、資源エネルギー庁)

2019.07.03.Wed

電気料金のWeb閲覧用『マイページ』のお知らせ

平素は格別のご引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

大変お時間をいただいておりましたが、この度毎月の電気使用量・電気料金が確認できるWeb『マイページ』(お客さま専用ページ)を信州電力のホームページ内に設置いたしました。
今月の『電気料金のお知らせ』と一緒に、閲覧方法とお客様専用のマイページIDとパスワードを郵送にてご案内致しますので、
お手元に届きましたらご確認いただきWeb『マイページ』をご活用いただけましたら幸いです。

ご不明な点などございましたら、信州電力カスタマーセンター(Tel 0265-48-6476)までお問い合わせください。
今後とも信州電力をよろしくお願いいたします。     

2019.07.02.Tue

アースって何❓

冷蔵庫や電子レンジなどについている緑色の線ですが、繋いでいないという方が意外といらっしゃるそうです。

アースは、正式な名称を「アース線」といいます。
アースとは日本語で「大地」「接地」といいます。
アース線は、万が一漏電したときに電気を大地に逃がす役割があります。
アースの先には銅板や銅棒などが埋まっていて、大部分の電気がそこから流れていく仕組みになっています。

家電のアースを接続しなかった場合、漏電による被害はどのようなものがあるのでしょうか。
漏電の原因は、電線が傷ついたり、老朽化して被覆がはがれるなどのケースがほとんどのようです。
電気は電線やケーブルなど電気を通しやすい物質の中を通って流れています。
これら電線やケーブルには、外に電気が漏れないように、通常は絶縁という電気を通しにくい物質で覆われていますが、
この絶縁が傷ついていたり、劣化していたりすると、電線やケーブルの正常な電気の通り道以外にも電気が流れ出てしまいます。
これが「漏電」という現象です。
漏電すると電力が損失するだけでなく、感電や火災など深刻な事故につながります。
漏電の被害はどれもひどい場合は死につながる恐ろしいものばかりです。

洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、エアコンなどは水気や湿気のある場所で使用することの多く、漏電する可能性が高いそうです。

また、アース線には電磁波や静電気といったノイズを遮断し抑制することにより、電気製品の動作を安定させる役割も持っています。
漏電対策だけでなく、電気製品には必要なアース線ですので、今一度付いているかきちんと確かめてみましょう。

2019.07.01.Mon

夏の便座で省エネ🚽

みんなが省エネを心がけることによって
どのくらいの電力が削減できるのでしょう。

例えば、便座の暖房ですが、便座の温度を一番低くしていたとしても、一日中つけっぱなしにしておくと、製品によって多少異なるようですが10円前後の費用がかかるそうです。
月約300円、年間3600円という計算になり、トイレの1日の使用頻度などから考えると、意外に電気代がかかっているように感じます。

製品によっては、「おまかせ節電モード」など、使用頻度や時間を記憶して、使わない時間帯に便座暖房などの温度を自動で下げたりする機能があるものがあります。
設定すれば、使わない時間も温め続けている無駄を省くことができます。
そもそも温める必要がない夏場や旅行中などはスイッチを切ると無駄な電力が省けるでしょう。

内閣府の調査結果(2018年3月)によると温水洗浄便座の世帯普及率は年々増加中で約80%となっているそうです。
店舗や病院などでは難しいかもしれませんが、多くのご家庭で便座の省エネを心がければ夏場のピークカットの一助になるかもしれません。

2019.06.26.Wed

日本には電線が多い❓

電線を電柱で支える方法は架空配電といいます。
ヨーロッパやアメリカなど日本以外の先進国では地下に地中ケーブルを埋設する地中配電が主流のようです。

違いは歴史的な背景にあるようです。
ロンドンで無電柱化が話題になったのは、19世紀の産業革命の頃です。この時代は、それまでの中世都市の名残が大きく変化しました。都市内に工場が集まり、そこで働く勤労者が集中し、それまでの秩序が崩れ去ったのです。夜間の犯罪対策が深刻な問題となり、安全な街づくりのために夜間照明の普及が提言されました。その際、ガス灯を採用するのか、電灯を採用するのかが対立したのです。既にガスは地中化されており、地中化のコストを負担していました。しかし、電気は架空線のままであり、地中化を負担していませんでした。ガスだけ負担が重いのは不公平、電気も地中化すべきである、との世論が高まり、地中化の制度が確立されました。以来、一貫して電柱を立てるということはありませんでした。
また、アメリカのニューヨークでは、また違った歴史があります。ニューヨークでは19世紀前半に電気利用の発達が進みました。発明王エジソンが活躍したのもこの頃です。すると、電線が街中を覆うという事態が発生しました。当時の電線は裸線です。感電により多くの死者が発生するという社会問題にまで発展しました。そこで現状打破のために、19世紀末に地中化の方向にシフトチェンジしたのです。それ以降、電柱が建てられることはありませんでした。

対照的なのが日本です。我が国で架空線が登場し始めるのは、江戸時代から明治時代になります。近代化の流れと共に電気利用が発達したこと、当時は裸線であったことは、アメリカ・ニューヨークと同じです。ところが、第一次世界大戦後、わが国では被覆技術が進歩して裸線による感電事故が多発しなかったのです。第二次世界大戦の敗戦後、市街地の復旧が喫緊の課題となり、安定・廉価な電力の需要が高まりました。そして、架空線が疑問なく取り入れられ現代に至っているそうです。

日本で地中配電が進まない理由として、電線を地中に敷設すると、電柱を使うよりも費用がかかること、すでに埋まっているガス管、水道管とのかねあいや権利のことなども非常に複雑なこと、さらに周辺の商店や住民、経産省、国交省、総務省などの監督官庁も関わってくるため、とかく多くの人々、団体が足並みをそろえなければ工事が進められないのです。

また、地中線の方が災害に強そうですが、復旧が早いのは架空線です。
地上にある電線は、断線箇所がすぐに見つけられます。しかし、地中線はどこが断線しているのか分かりづらく、掘り返して作業をしないと復旧できません。

 

2019.06.25.Tue

燃料電池って何❓

燃料電池とは、乾電池などの一次電池や、充電してくり返し使用する二次電池のように、蓄えられた電気を取り出す『電池』とは違って、
水素と酸素の電気化学反応により発生した電気を継続的に取り出すことができる『発電装置』です。

燃料電池の原理は19世紀の初めにイギリスの科学者によって発見されたそうです。
燃料電池では、水素を燃料として供給し、酸素と水素の間で受け渡される電気を外部へ取り出して発電します。

化学反応に伴うエネルギーを電気エネルギーに直接変換することから、発電時のエネルギー効率が高く、水素と酸素の反応により水が生成されるだけで、廃棄物が排出されないことからクリーンな次世代の『発電装置』として期待されています。

先日の北佐久郡軽井沢町での20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合の際に開かれたイノベーション展では、会場前に燃料電池車のトラックやバイク、ごみ収集車が並んだそうです。

お問い合わせ先: 0265-48-6476 営業時間: 9:30~17:30 定休日: 土日祝日(年末年始、お盆)