信州電力

お電話での
お申込み・お問い合わせ

0265-48-6476

営業時間:9:30〜17:30 定休日:土日祝日(年末年始、お盆)

日本には電線が多い❓

電線を電柱で支える方法は架空配電といいます。
ヨーロッパやアメリカなど日本以外の先進国では地下に地中ケーブルを埋設する地中配電が主流のようです。

違いは歴史的な背景にあるようです。
ロンドンで無電柱化が話題になったのは、19世紀の産業革命の頃です。この時代は、それまでの中世都市の名残が大きく変化しました。都市内に工場が集まり、そこで働く勤労者が集中し、それまでの秩序が崩れ去ったのです。夜間の犯罪対策が深刻な問題となり、安全な街づくりのために夜間照明の普及が提言されました。その際、ガス灯を採用するのか、電灯を採用するのかが対立したのです。既にガスは地中化されており、地中化のコストを負担していました。しかし、電気は架空線のままであり、地中化を負担していませんでした。ガスだけ負担が重いのは不公平、電気も地中化すべきである、との世論が高まり、地中化の制度が確立されました。以来、一貫して電柱を立てるということはありませんでした。
また、アメリカのニューヨークでは、また違った歴史があります。ニューヨークでは19世紀前半に電気利用の発達が進みました。発明王エジソンが活躍したのもこの頃です。すると、電線が街中を覆うという事態が発生しました。当時の電線は裸線です。感電により多くの死者が発生するという社会問題にまで発展しました。そこで現状打破のために、19世紀末に地中化の方向にシフトチェンジしたのです。それ以降、電柱が建てられることはありませんでした。

対照的なのが日本です。我が国で架空線が登場し始めるのは、江戸時代から明治時代になります。近代化の流れと共に電気利用が発達したこと、当時は裸線であったことは、アメリカ・ニューヨークと同じです。ところが、第一次世界大戦後、わが国では被覆技術が進歩して裸線による感電事故が多発しなかったのです。第二次世界大戦の敗戦後、市街地の復旧が喫緊の課題となり、安定・廉価な電力の需要が高まりました。そして、架空線が疑問なく取り入れられ現代に至っているそうです。

日本で地中配電が進まない理由として、電線を地中に敷設すると、電柱を使うよりも費用がかかること、すでに埋まっているガス管、水道管とのかねあいや権利のことなども非常に複雑なこと、さらに周辺の商店や住民、経産省、国交省、総務省などの監督官庁も関わってくるため、とかく多くの人々、団体が足並みをそろえなければ工事が進められないのです。

また、地中線の方が災害に強そうですが、復旧が早いのは架空線です。
地上にある電線は、断線箇所がすぐに見つけられます。しかし、地中線はどこが断線しているのか分かりづらく、掘り返して作業をしないと復旧できません。

 

燃料電池って何❓

燃料電池とは、乾電池などの一次電池や、充電してくり返し使用する二次電池のように、蓄えられた電気を取り出す『電池』とは違って、
水素と酸素の電気化学反応により発生した電気を継続的に取り出すことができる『発電装置』です。

燃料電池の原理は19世紀の初めにイギリスの科学者によって発見されたそうです。
燃料電池では、水素を燃料として供給し、酸素と水素の間で受け渡される電気を外部へ取り出して発電します。

化学反応に伴うエネルギーを電気エネルギーに直接変換することから、発電時のエネルギー効率が高く、水素と酸素の反応により水が生成されるだけで、廃棄物が排出されないことからクリーンな次世代の『発電装置』として期待されています。

先日の北佐久郡軽井沢町での20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合の際に開かれたイノベーション展では、会場前に燃料電池車のトラックやバイク、ごみ収集車が並んだそうです。

核融合発電の安全性は❓

文部科学省のホームページの「核融合について」を見ると、
『核融合エネルギーの特徴
・豊富な資源
燃料となる重水素と三重水素を生成する原料となるリチウムは海中に豊富に存在するため、地域的な偏在がなく、資源の枯渇の恐れがない。
少量の燃料から膨大なエネルギーを取り出すことができる。
・固有の安全性
核融合反応は暴走せず、核分裂と比べて安全対策が比較的容易である。
・高い環境保全性
発電の過程において、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を発生しない。
高レベル放射性廃棄物が発生しない。』
と載っていました。

また、核融合研究開発基本問題検討会という機関でも核融合炉の安全研究について考えられているようです。

夢の核融合発電って❓

核融合発電(かくゆうごうはつでん)とは物質の反応である核融合によって発生されるエネルギーを用いて電力を作る方法のことです。
まだ、実用化はされていませんが、核融合発電は、現行の原子力発電に比べて安全で、燃料が無尽蔵に近い。
実用化すれば原子力発電を置き換え、化石燃料がいらなくなるとの期待がある「夢のエネルギー」だと期待されてます。 

現在運転されている原子炉では、核分裂反応を利用しています。
核分裂では、ウランやプルトニウムなどの重い原子核が中性子を吸収して軽い原子核に分裂する際に発生するエネルギーを原子炉で取り出して発電します。
一方、核融合反応は核融合の燃料として、軽くて燃えやすい水素の同位体である重水素と三重水素(トリチウム)を用います。
重水素と三重水素の原子核を融合させると、ヘリウムと中性子ができます。
このとき、反応前の重水素と三重水素の重さの合計より、反応後にできたヘリウムと中性子の重さの合計の方が軽くなり、この軽くなった分のエネルギーが放出されるのです。
また、核融合反応では、少量の燃料から膨大なエネルギーが発生し、例えば、1グラムの重水素−三重水素燃料からタンクローリー1台分の石油(約8トン)に相当するエネルギーを得ることができるそうです。

安全性や、デメリットはないのかなど気になります。
次回からはそのあたりを調べてみたいと思います。

緑のカーテンで節電

緑のカーテンとは、ゴーヤやアサガオなどのつる性の植物を、ネット等で窓の外にはわせて作る日よけのことです。
窓に入る直射日光を防ぐことができるので、家の中の温度を抑えることが期待できます。
緑のカーテンは、育てる楽しみもあります。ゴーヤやパッションフルーツを育てると、収穫して食べるという楽しみもあります。
緑のカーテンに使う植物は、夏の暑い時期に大きく育つので水やりはとても大切になります。
苗のうちはそれほど水も必要としませんが、大きく育ってくるとプランターの中で根っこがどんどん張っていき、土が乾燥しやすくなります。真夏になると朝晩の水やりが必要になります。

真夏に向けて作り出すなら今からでも間に合います。
育てる植物選びのポイントは
1. つるが伸びるつる性の植物であること。かつ、上に登っていく性質のもの。アイビーやウリの仲間などが代表的
2. 葉が小さいものやギザギザしたもの。葉が小さいものやギザギザのものは隙間が多くできるので通気性が良いので、グリーンカーテンに適しています。
3. 暑さに強い植物。
ミニゴーヤやすずめゴーヤ。ミニキュウリ。西洋朝顔、オキナワスズメウリ、フウセンカズラなどが育てやすいようです。

軽井沢でのG20エネルギー・環境関係閣僚会合閉幕

北佐久郡軽井沢町で日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合が6月15日・16日の2日間で行われ、
海洋プラスチックごみ(廃プラ)削減に向けた国際枠組みの創設などを盛り込んだ共同声明を採択し、閉幕しました。

エネルギー分野の共同声明では、「(風力やバイオ、太陽光など)再生可能エネルギーが重要な役割を果たし得る」と強調。
また「原発の廃炉と高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分について国際連携の価値を認識することが重要だ」と明記し、
日本が重視する高性能石炭火力発電や二酸化炭素の資源活用の可能性にも言及したそうです。 

エアコンを久しぶりにつける時は・・・

エアコンを久しぶりにつける時は、掃除と試運転を。
半年から一年近く放置していたエアコンの内部にはホコリが溜まります。
ホコリはカビのえさになるので、フィルターや吹出し口や、エアコン内部などにカビが繁殖しています。
まず、フィルターや吹出し口など可能なところは掃除をします。

その後、窓を開けてエアコンのスイッチを入れ、5~10分ほどそのままにします。

それでもなお、カビ臭い様ならエアコン内部のお掃除をなさった方がいいかもしれません。

冷房と除湿の機能を知って目指せ、省エネ!

 
エアコンの基本的な機能といえば「暖房」「冷房」「除湿」ですね。
今回は梅雨から夏にかけてよく使う「冷房」と「除湿」について詳しく解説していきます。
 
 
 
 
 

「冷房」と「除湿」の違い

 

「冷房」は温度を下げる

冷房は室内の温度を下げる事を目的とした機能です。
 

「除湿」は湿度を下げる

除湿は湿度を下げる事を目的とした機能で、この除湿には弱冷房除湿再熱除湿という2通りの方法があります。
 
 

「冷房」はなぜ涼しくなる?

水やアルコールといった液体が気体に変わる――つまり、蒸発するとき、周囲の物体から熱を吸収するという性質があります。
例えばお風呂に入った後に体を拭かず脱衣所へあがると肌寒く感じる、注射の時にアルコールで清拭されると肌がスーっとする……など、私たちの身近でもこの現象が見られます。
 
エアコンはこの液体と期待の性質を利用して室内の温度調整を行っています。
 
 
POINT
外気の温度が高いほど、空気は多量の水分を含むことができます。(水蒸気)
夏が高温であり多湿なのはこの為です。
 

「除湿」はどんな時に使う?

湿気が嫌だな……と思った時に使うのが「除湿」機能。
この除湿機能には前述したとおり、弱冷房除湿と再熱除湿の2種類があります。
この2つがどう違うのか、説明しましょう。

再熱除湿

お部屋の空気をエアコンの内部で冷やして除湿し、その後、空気を温めて室内に戻すという運転をしています。
冷房のように温度を下げる事がないので、肌寒さを感じる梅雨など気温はそこまで高くないけれど除湿をしたいという時に向いています。
 

弱冷房除湿

微弱な冷房運転で、室内の気温を下げながら除湿するのが弱冷房除湿です。
蒸し暑さを感じる梅雨や雨、夏など、気温も湿度も高いという日に向いた除湿機能です。
 
ご家庭のエアコンにはどの除湿機能があるのかをもう一度チェックして、効率的に使う事が省エネに繋がるといえますね。
 
 

そもそも冷房と除湿どちらが電気代がかかるの?

これまでの説明からいくと、電気代が安い順は
 
1.弱冷房除湿
2.冷房
3.再熱除湿
 
となりますが、
 
例えば就寝時、寝苦しいけれど冷え性だという方は再熱除湿が適しているといえますし、冷え性だからと真夏の高温多湿の時に再熱除湿を使用すると気温が下がらないわりに電気代がかかってしまう。また、電気代が安いなら、と弱冷房除湿ばかりを使うと時期によっては肌寒さを覚えてしまったりと、それぞれの用途にあった使い方をする事が大切です。
 

まとめ

冷房と除湿について、簡単ではありますが解説をしてみました。

エアコンをもっと上手に使って、省エネを目指しましょう。

 

 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

信州電力では『簡単・無料 手続き』で、これまでと同じ品質の電気をお得に!
地元の会社から買う。
新たな地域貢献をご提案しています。
個別見積りでお客さまに最適な電力料金をご提案します。

お見積り・お問合せは下へスクロール。
お気軽にお問合せください。

部屋干しの生乾き臭対策 その2

洗濯前のお洗濯物もモラクセラ菌が増殖してしまいます。
よごれた洗濯物を、洗濯カゴではなく洗濯槽の中にポイッと入れてしまうというかたもいらっしゃるのではないでしょうか?
汗やホコリでよごれた洗濯物を、洗濯槽の中に閉じ込めてしまうと、中で蒸れてモラクセラ菌が増殖して【4メチル3ヘキセン酸】という生乾き臭が出てきてしまうのです。

洗濯物は直接洗濯槽には入れず穴がたくさんある洗濯カゴを用意して、その中に入れるようにしましょう。
洗濯カゴは洗濯槽の中よりは通気性が良いので、モラクセラ菌もあまり増殖しないそうです。
さらに、週末などにまとめてお洗濯されるという方は、タオルなど濡れたものと濡れていないものを別々の洗濯カゴに入れておき、
なるべく濡れたものだけでも早くお洗濯するといいようです。

生乾き臭は乾いている時よりも濡れた時に強く臭いを感じるので、洗濯物を取り込んだ時には臭わなくても、濡れた顔をタオルで吹くと湿るので臭いが出てくるのです。
ついてしまった生乾き臭には酸素系漂白剤を使用するといいようです。

部屋干しの生乾き臭対策

生乾き臭の原因は、モラクセラ菌という常在菌が増殖する経過で出す排泄物だそうです。
モラクセラ菌は、水分と皮脂をエサにして増殖するので、
洗濯物の皮脂をしっかりと取り除くことと、早く乾かすことが生乾き臭対策になります。

皮脂は35℃から溶け始めるそうなので、洗濯の際に35~40度のお湯を使うとより皮脂を落とすことができます。
脱水時間は普段よりも長めにするといいようです。
干す時の工夫としては、前回もご紹介しましたように部屋干しした洗濯物の下にくちゃくちゃに丸めた新聞紙を置き、
さらに扇風機などで洗濯物に風を当てるとより早く乾きます。

洗濯してから5時間以内に渇くようにすると生乾き臭が発生しないそうです。

お申込み・お問い合わせ

初期導入費用・手数料無料

お申し込み

料金プランなどについてご不明な部分がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお申込み・お問い合わせ

0265-48-6476

営業時間:9:30〜17:30 定休日:土日祝日(年末年始、お盆)