再生可能エネルギーとは

2019.05.15.Wed

再生可能エネルギーとは、
エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律(エネルギー供給構造高度化法)においては、
「再生可能エネルギー源」について、「太陽光、風力その他非化石エネルギー源のうち、エネルギー源として永続的に利用することができると認められるものとして政令で定めるもの」
と定義されております。

温室効果ガスを排出せず、国内で生産できることから、
エネルギー安全保障にも寄与できる有望かつ多様で、重要な低炭素の国産エネルギー源です。
再生可能エネルギーによる発電方法として太陽光・風力・地熱・中小水力・バイオマスなどがあります。

次回からいろいろな発電方法の仕組みについてご紹介していきたいと思います。