信州電力

お電話での
お申込み・お問い合わせ

0265-48-6476

営業時間:9:30〜17:30 定休日:土日祝日(年末年始、お盆)

たくさんのご縁に感謝💕

昨夜、我が社の初めての女子会をしました(^^♪
いろいろな品数のお料理が食べられて、飲み放題もついててお手頃のお値段
お料理も飲み物もたくさんあって、み~んなおいしかったです(≧▽≦)

おいしいお酒とお料理に、もともと仲のいい社員同士ですが、益々親睦が深まりました(^_-)-☆
このステキな仲間と仕事ができることがありがたいなぁと思いました。

お陰さまで、弊社オープン以来、徐々にではありますが、多くの大切なお客様にご契約いただけて、
お客様ともかけがえのないご縁をいただけていることに感謝し、
もっとっもっとお客様のお役に立てるようになりたい!(^^)!
そのためにも、お互いにもっともっとスキルを高め合いながら頑張っていこうねと会を閉じました。

まだまだ未熟な私どもですが、一生懸命頑張りますので、よろしくお願い致しますm(__)m

託送料金とは❓

電気がお家やお店まで届くためには、電線や電柱、送電線や鉄塔、変圧設備など様々な設備が必要です。
そうした電気を運ぶための設備費用をまかなうために電気使用者皆で負担するのが「託送料金」です。

 託送料金は各地域(管理する大手電力会社10社)ごとに金額が異なりますが、
掛かる「原価」を審査した上で国が認可して決定しています。
 託送料金は送配電網を利用する対価なので、
新電力の契約者も大手電力会社の契約者も同じように負担している費用です。
請求書には記載が無いことがほとんどですが、託送料金が含まれた電気料金が設定されているのです。

 お客様が直接、一般送電事業者に支払うわけではなく、ご契約の電力会社を通じて「間接的」に支払っているです。
従って、停電など送電システムで何かがあった際は、どこの電力会社にご契約でも
差別なくきちんと対応してもらえますのでご安心ください(*^▽^*)

新電力を選ぶと、停電からの復旧が遅くなる❓❓

「新電力を選ぶと、停電からの復旧が遅くなるんじゃないか?」
と不安に思う方がいらっしゃるようです。
ですが、どの会社と契約しても、復旧が遅れるということはありませんのでご安心ください(*^▽^*)

 災害時の停電の原因は、送配電網での事故(電線の切断など)である場合が多いそうです。
この送配電網の部分は自由化後も地域独占の「一般送配電事業者」が管理します。

 この「一般送配電事業者」は中立でなければならず、
特定の会社(小売会社)のお客さんだけを優先して復旧させる、といったことのないように、経産省が禁止しています。
 したがって、旧地域独占の電力会社だけが停電しにくいとか、停電した時の復旧が早いということはありません。

 送配電網の利用料金として、電気利用者皆が毎月支払っている電気料金の中に「託送料金」というものが含まれていて、
その対価として電気の安定供給が約束されているのです。

次回は『託送料金』について、もう少し詳しくご説明させていただきたいと思います。

春の眠気と睡眠不足★

春は自律神経の乱れにより眠くなるのですが、
それと混同しないようにしたいのが睡眠不足・疲労蓄積による眠気です。
『春の眠気』の場合は、太陽光を浴びて体内時計をリセットすれば眠気は解消するそうですが、
朝太陽光を浴びても食事をしても午前中は身体が重く気分が優れないままで、昼間にひどい眠気に襲われる場合は、
『睡眠不足・疲労蓄積による眠気』のようです。

睡眠負債という言葉もあり、デジタル大辞泉によると、睡眠負債とは「日々のわずかな睡眠不足が借金のように蓄積した状態。
1日6時間程度の睡眠を続けたとしても、自覚できない睡眠不足の状態にあると考えられ、
長期的にがんや認知症、うつ病になる危険性が高まるといわれている。」と。((+_+))
できれば7時間以上の睡眠が良いようです。

何かと忙しい毎日の中で、睡眠時間を今以上に確保するのは大変かもしれませんので、
睡眠の質を向上させるというのもいいようです。
睡眠の質を向上させる方法としては適度の運動したり、リラックスできるような工夫したり、
枕などの寝具を見直したりといろいろとあるようですが、
お金も時間もかからず今日から手っ取り早く出来る事として、
今日の出来事に感謝し、悪いことは考えないようにし、作り笑いでいいので笑顔で眠るといいそうです(*^▽^*)

春はどうして眠いの❓

「春眠暁を覚えず」といいますが、春はどうして眠いのでしょう⁇
寒い冬から暖かい春へと移行する時期は、「三寒四温」といって気温のアップダウンが激しく、
さらに日中と朝夕の気温差も大きい。
この急激な気温の寒暖差に身体がなかなか追いつかず、自律神経が乱れやすくなってしまうそうです。
自律神経が乱れると、本来活発に行動するための交換神経が優位に立つ昼間にも
副交感神経が優位になり眠くなってしまうということのようです

家の中に花粉を持ち込まない工夫

今朝は水溜りが凍るくらい寒かったのですが、日中は春本番の温かさになるようです。
本日のスギ・ヒノキの花粉飛散情報で南部は『非常に多い』となっておりました(>_<)
花粉症の方にとっては非常に辛い時期です。

家の中でも花粉症の症状が治まらない方は、
外出時にメガネやマスクなどで、アレルゲンに接触しない事と共に、
家の中に花粉を持ち込まないようにする事が大切です。

花粉が家の中に侵入する経路は、窓や玄関から風に乗って入ってるのと、
人に付着して入ってくる二つの経路がほとんどのようです。

この時期は、窓や玄関を開けっぱなしにしないようにし、
外出時の服はウール系を避け、できるだけ凹凸のない素材のものを選び、
柔軟剤を使用したり静電気防止スプレーで花粉の付きにくい工夫を。
帰宅時には、玄関前で服や髪についた花粉を払い落してから家に入るようにしましょう。
うがいや手洗い、できれば洗顔やシャワーで花粉を洗い流したり着替えてしまえばより効果的です。

また、空気清浄機を使用するのも良い方法です。
しかし、一度床に落ちた花粉は、空気清浄機では吸い込むのは難しいそうです。
落下した花粉は掃除機、または拭き掃除で。
手間ですが、花粉症でつらい思いをされている方が少しでも快適に過ごせることをお祈りしております。

春、卒業式・・・

卒業シーズンですね🌸
今週は小・中学校の卒業式というところが多いようです。

3月なのに、まだまだ朝は寒くて、山にはうっすら雪が積もっていました。
県西部や北部では大雪になる予報だとか。
まだ、暖房が必要ですね(>_<) 今日の飯田市の最低気温は1℃。日中も晴れてはいますが風が強くあまり気温は上がっていません。 明日は最低気温-3℃、最高気温は13℃の予報です。 卒業式にお出かけの際は、ひざ掛けなどをお持ちになったり調節のしやすい服装がいいかもしれませんね。

あれから8年・・・

昨日で東日本大震災から8年が経ちました。
震災で犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表します。
また、ご家族ご友人を失われた多くの方々、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

当時、自然の猛威を改めて感じ、震災に対する備えとして
防災グッズを用意したり、食料や飲料水の備蓄をしたり、
家族間でどこに避難するのかなどを話し合ったりしたことを覚えています。

最近も、地震が所々でおこっています。
東日本大震災後8年たった今、改めて震災の教訓を忘れずに生かしていけるように、
過去の教訓から何を学び、何ができるかを意識していきたいと思います。

トイレの三角折り▽

レストランやホテルのみならず、公衆トイレのようなどなたでも使用できるトイレでも、
トイレットペーパーを三角に折られていることを見かけます。
お店やホテルのトイレでは、「三角折り」は掃除終了したサインだったり、
「ようこそ」の気持ちを込めたものようです。

自分がトイレに入ったときに三角に折られていると、「立つ鳥後濁さず」の精神で、
またはマナーとして三角に折っておこうと思ってしまう方もいるかもしれませんが、
衛生的にはしない方がいいようです。

トイレの三角折りの起源はアメリカの消防士という説もありますが、実は日本という説が有力のようです。
日本に観光に来た外国の方には、日本人らしい気配りと感じる方も多いとか。

しかし一方では、「用を足した後のまだ洗っていない手でトイレットペーパーをさわってほしくない」と思う方や
三角に折ったトイレットペーパーには細菌などが付着していて、
別の人がそれに触ると細菌感染する可能性があるというという衛生的によくないという意見もある。

実際、病院や飲食店の従業員用トイレでは、三角折り禁止とにしているところもあるそうです。

供給地点特定番号って何??

『供給地点特定番号』とは電気の供給先(電気の使用場所)を特定するための22桁の番号です。
電気の供給場所を正確に把握できるために、電力自由化をきっかけに誕生したそうです。
これによって電力会社が電気の使用場所を効率よく特定し、
電気の切替え作業が円滑に行えるようになりました。

供給地点特定番号は同じ使用場所でも、電気供給契約など契約内容が複数ある場合は、
それぞれの契約の種類ごとに番号が割り振られています。

弊社のお客様の場合、契約後送付書類『電気ご契約内容についてのお知らせ』にお載せしておりますので、
よかったらご確認ください。

お申込み・お問い合わせ

初期導入費用・手数料無料

お申し込み

料金プランなどについてご不明な部分がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお申込み・お問い合わせ

0265-48-6476

営業時間:9:30〜17:30 定休日:土日祝日(年末年始、お盆)