信州電力

お電話での
お申込み・お問い合わせ

0265-48-6476

営業時間:9:30〜17:30 定休日:土日祝日(年末年始、お盆)

スタッフブログSTAFF BLOG

2019.02.14 Thu

燃料費調整制度とは❓

燃料費調整制度は、事業者の効率化努力のおよばない燃料価格や為替レートの影響を外部化することにより、
事業者の経営効率化の成果を明確にし、経済情勢の変化を出来る限り迅速に料金に反映させると同時に、
事業者の経営環境の安定を図ることを目的とし、平成8年1月に導入されました。

電気を作るために発電所で使われる、原油・LNG(液化天然ガス)・石炭などといった火力燃料は、
日本の場合ほとんどを外国からの輸入に頼っているのが実情です。
特に原油は、99%以上を輸入しているようです。
そのため火力燃料の価格というものは、
卸売市場や為替レートなどといった外部からの影響を受けてしまうので、常に変動しています。

こういった価格変動に応じて電気料金を調整するため、燃料調整制度が導入されました。
たえず変動している「燃料調整費」の単価は、各電力会社のホームページで毎月紹介されています。
電力会社によって単価が違うのは、火力発電の原料内訳が異なるため。
ちなみに、弊社の燃料調整費の単価は中部電力さんのそれに準じております。
毎月算定されている「平均燃料価格」を「基準燃料価格」が上回った場合にはプラス調整が行われ、
逆に下回った場合にはマイナス調整が行われます。
つまり、燃料費が安くなれば電気代は下がり、燃料費が高くなれば電気代も上がる仕組みになっているのです。

お申込み・お問い合わせ

初期導入費用・手数料無料

お申し込み

料金プランなどについてご不明な部分がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお申込み・お問い合わせ

0265-48-6476

営業時間:9:30〜17:30 定休日:土日祝日(年末年始、お盆)